Digital Marketing Institute | デジタルマーケティング研究機構

Digital Marketing Institute | デジタルマーケティング研究機構

委員会・プロジェクト

デジタルマーケティング研究機構の研究活動は委員会・プロジェクトを中心に進めます。

【委員会とは】
Web広告に関する主要なテーマ毎に委員会を設置し、先進事例の研究、環境調査、有識者とのディスカッションを行う組織です。さらにホットなテーマについてはワーキンググループを設置して活動します。

【プロジェクトとは】
特定の課題に対して期間限定で取り組む組織です。

委員会

コーポレートブランド委員会

当委員会では、デジタルコミュニケーション時代における、企業Webサイトなどでのコーポレートブランド訴求のあるべき姿を研究し、担当部門が抱えている身近な課題を幅広く議論、共有しています。
また、会員企業などによる事例発表や、先進技術やユーザー傾向を把握するためニーズに合わせた調査・発表を随時実施しています。

サイトマネジメント委員会

企業サイトを統括・運営するためには、マーケティング/宣伝スキルだけでなく、組織論やコスト管理、マネジメントノウハウ、情報システムへの理解等の広い知識が必要です。

サイトマネジメント委員会では、企業サイトを統括・管理するための思想(考え方)、デジタルマーケティング、マネジメントスキーム、テクノロジーを議論/研究します。

一方通行の勉強会ではなく、メンバー同士で活発な議論が出来る委員会を目指しています。

今年度は、サイトマネジメントのフレームワーク作り、体系化に取り組む予定です。

ソーシャルメディア委員会

デジタルマーケティングに欠かせない存在として、すっかり市民権を得たソーシャルメディア。しかし、日々消費者の行動・インサイトは変化しており、いち早い情報収集とそれに対する打ち手を企業は求められます。ソーシャルメディア委員会ではデジタルマーケティング担当者、特に公式SNSの「中の人」が集い、課題意識や事例、知見を共有することで、企業とソーシャルメディアのよりよい関係を作っていきたいと考えています。主要なテーマとして「コンテンツ」「コミュニティ」「インフルエンサー」「ソーシャルリスニング」「効果測定・KPI」などを軸に研究活動を行っています。

コミュニケーションプランニング委員会

★統合型マーケティング、パルス型マーケティングなどあらゆるコミュニケーションプランの最適化の知見、事例の研究を中心に議論をしたり、外部講師の方を呼んでミニセミナーを実施したりしています。★を置いたら注目率あがると思っておいてみました。

データ活用委員会

デジタル広告をとわず、昨今のマーケティングは「データをどう活用するのか?」が非常に重要となってきております。本委員会では広くさまざまな講師を社外から招き研究を進めてまいります。研究テーマは下記です。

●個人情報保護法改正に伴う企業の対応
●Cookieレス時代におけるデータ活用
●アドフラウド、アドベリフィケーションなど、データの品質についての研究/事例共有
●ゼロパーティデータのこれからの活用の仕方
●新しいデータを活用したマーケティングの事例共有/研究
●海外で進む様々な指標の研究の共有

カスタマーエクスペリエンス委員会

社会がデジタルへシフトする時代、顧客とのコミュニケーションのあり方も変化しています。集客重視の発想から、顧客それぞれにふさわしいタッチポイントで最適な体験を提供するCXへ。

カスタマーエクスペリエンス委員会では、ペルソナ、カスタマージャーニー、ユーザ調査をはじめ、顧客接点や顧客体験全般をテーマとして活動しています。

イノベーション委員会

狭義のデジタルマーケティングに留まらず、進化する社会やビジネス、テクノロジーに関する新しい取り組みについて、CES、SXSW、TOA、NoMapsなど外部カンファレンスへの参加やレポート共有などを通して知見を集めながら、新しい取り組みや解決方法をワークショップで実践するという形でイノベーションを推進する方法を模索しています。

モバイル委員会

〈活動予定 仮〉
・社外講師、エキスパートによる勉強会
・国内でのフィールド調査や企業等の訪問
・ワークショップ

〈研究テーマ〉
モバイルに関わる広告・マーケティング・企業活動のトレンド把握
モバイルに関わる新興技術・サービス・ソリューションの理解
企業のモバイル活用と投資に関わる啓発
プラットフォームの研究(App、Web、SaaS、5G技術、関連技術)
IoTなどモバイルと関連性の深い周辺技術と企業活用に関する研究

B2Bマーケティング委員会

外部環境の変化による法人顧客接点の変化や、SaaSの台頭によるB2Bマーケティングの体系化が進化したこの数年ですが、大手企業、外資、ベンチャーといった企業フェーズ、マーケティング担当、営業担当、マネジメントメンバー、中には”マーケティング”という名前はつかないもののそれに近い活動をしている営業推進や営業企画の方々など、多様な参加者で、毎月各社の取り組み内容を共有し、意見交換によりB2Bマーケティング委員会を発展させていきたいと思っています。更に参加者が増え、ニーズが区分されたら分科会なども検討したいと思っております。

Westデジタルマーケティング委員会

デジタルマーケティング研究機構のなかで主に西日本に拠点を持つ会員社で構成される委員会です。BtoBとBtoCのワーキンググループに分かれ時には合同で、サイト運営、プロモーション、ブランディング、最新テクノロジーなど幅広いテーマの情報共有、意見交換を行っています。

旧)サイトマネジメント委員会

企業サイトを統括・運営するためには、マーケティング/宣伝スキルだけでなく、組織論やコスト管理、マネジメントノウハウ、情報システムへの理解等の広い知識が必要です。

サイトマネジメント委員会では、企業サイトを統括・管理するための思想(考え方)、デジタルマーケティング、マネジメントスキーム、テクノロジーを議論/研究します。

一方通行の勉強会ではなく、メンバー同士で活発な議論が出来る委員会を目指しています。

今年度は、サイトマネジメントのフレームワーク作り、体系化に取り組む予定です。

プロジェクト

人材育成プロジェクト

企業サイトを管理・運営するWeb担当者の業務範囲・内容は、より一層高度化するとともに幅広い知識・経験が求められるようになっています。

「人材育成プロジェクト」では、企業Web担当者やそれらを支援する人々向けの学びの機会を提供するプロジェクトです。2004年から続く『Web担当者基礎講座』を企画・実施しています。

Webグランプリプロジェクト

『Webグランプリ』は、Webサイトの健全な発展を目的として、優れた功績を残した企業および人物を顕彰し、その労と成果をたたえることを趣旨としています。
企業にスポットを当てた「企業グランプリ部門」と、人にスポットをあてた「Web人部門」の2つの部門から構成されています。
本プロジェクトは、主に「企業グランプリ部門」の企画改善による参加者満足度の高い審査の実施、「Web人部門」選考のサポート、贈賞式の企画を行っています。

ネット広告健全化推進プロジェクト

当プロジェクトでは、デジタルコミュニケーション時代における、企業Webサイトなどでのコーポレートブランド訴求のあるべき姿を研究し、担当部門が抱えている身近な課題を幅広く議論、共有しています。
また、会員企業などによる事例発表や、先進技術やユーザー傾向を把握するためニーズに合わせた調査・発表を随時実施しています。